奇怪な再会きかいなさいかい
お蓮が本所の横網に囲われたのは、明治二十八年の初冬だった。 妾宅は御蔵橋の川に臨んだ、極く手狭な平家だった。ただ庭先から川向うを見ると、今は両国停車場になっている御竹倉一帯の藪や林が、時雨勝な空を遮っていたから、比較的町中らしくない、閑静な …
作品に特徴的な語句
まし くん くら おろ あこ ねがわ かわ 夜半やはん 貼紙ペーパー こう 人懐ひとな くら さわが なまめ あかる くゆ 御定おさだま さだ 手前てまえ れん 大入おおい つの ごと つっ 赤光あかびかり 苦笑くしょう ふく ぶち 吊下つりさが つり かえ いまだ おのれ しゃ らく あが うしろ ほう かん おもむろ 消息しょうそく よる 大事おおごと そそ へん 葉巻はまき くだ ただ 馴染なじ のち 御上おあが こも まば いえ 人足ひとあし 水口みずぐち 近々きんきん 一枝いっし 顔色かおいろ 支那シナ 燈火ともしび すか かよ 往来おうらい しきり うらな 刺繍ぬいとり いや いそが あいだ 片頬かたほお 頓着とんちゃく 鹿 わたくし 能書のうが 牛荘ニューチャン 御諦おあきら 明日あした にく 甲斐がい しゃく 何分なんぷん きら 酒癖さけくせ 余程よっぽど きん かさ