“益”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ますます36.6%
えき17.5%
やく14.8%
ます/\11.5%
ますま4.9%
3.3%
ます2.2%
やう2.2%
まし2.2%
まさ1.1%
ため1.1%
よう0.5%
えう0.5%
とく0.5%
ゑき0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本の教育=忠孝仁義を説きながら、実は物質万能、智識万能を教える日本の教育当局の方針も、この思想を底深く養い上げた。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
が、年月つとに、此事業單調なのと、明瞭いのとをめるにつて、段々きてた。ふたのである。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
勿論立会診察は余りに立たないと聞いてもいるし、費用の点も大いに違うだろうから、どうかして医者を取り換える法はあるまいか。
生あらば (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
婚姻によりて実世界にせられたるが為にわが理想の小天地は狭窄なるが如きを覚えて、最初には理想の牙城として恋愛したる者が
厭世詩家と女性 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
昼間の程はめてりゐしかの両個の、夜に入りて後打連れて入浴せるを伺ひ知りし貫一は、例のす人目をるならんよとへり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それから、「われこそさめ御思よりは」の句は、情緒こまやかで、且つおのずから女性の口吻が出ているところに注意せねばならない。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
飯田氏に対しては、茶山は謝辞を反復して悃欵を尽してゐる。江戸を発する前に、まのあたり告別することを得なかつたと見える。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
絳雪『故の土移しがたし、君に告げまつらむもなし。君が妻だにみこころのままならざりき。さるをわれは友なるをや。』
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
どちらかにするがいい——あのな潰し島田を剃り落すのは可哀想だが、首が無くなるよりはそれでもだろう。
神奈備伊波瀬喚子鳥いたくなきそる 〔巻八・一四一九〕 鏡王女
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「ええそうです支那の文章です。……その聖典には、になる話が数限りなく書いてあるのです。……大事な大事な本なのです」
今は身のも無き二つのと曳きぬらむ。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
なし、あるは木をりて火ともすわざも。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
一体何のために、そんなにもならぬ嘘を吐かれたんでしょう。妙な話ですな。……ところが、そういうことになれば、外にもうひとつ異様なことがある。……旦那はお気がつかれませんでしたか。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
祖父は四をばんだでござんす、つまりはのやうな氣違ひで、のない反古紙をこしらへしに、をばおからめられたとやら、ゆるされぬとかに斷食してんださうに御座んす
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その次の御代になつても、藤原の都は、日にし、宮殿が建て増されて行つて、こゝを永宮と遊ばす思召しが、伺はれた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)