“ため”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タメ
語句割合
34.1%
20.1%
10.3%
9.5%
9.3%
3.8%
利益2.2%
2.0%
猶予1.5%
躊躇1.1%
0.9%
0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
教訓0.4%
0.4%
0.4%
試験0.4%
多米0.2%
汲桶0.2%
0.2%
有益0.2%
猶豫0.2%
0.2%
經驗0.2%
0.2%
試驗0.2%
貯蔵0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朕カ在廷ノ大臣ハ朕カニ此ノ憲法ヲ施行スルノニ任スヘク朕カ現在及将来ノ臣民ハ此ノ憲法ニ対シ永遠ニ従順ノ義務ヲ負フヘシ 
大日本帝国憲法 (旧字旧仮名) / 日本国(著)
親方は、一足はなれて、ほんとうにわたしの言ったとおりであるか、してみようとした。かれは両手をさしべてへいにさわった。
「そんな惡戯は今に始まつたことぢやないよ。命を取ると言つた奴が、昔から本當に命を取つたしは無い。放つて置くが宜い」
未だ浮世れぬ御身なれば、思ひ煩らひ給ふもなれども、六十路に近き此の老婆、いかでしき事を申すべき、聞分け給ひしかや
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
すると、二本の腕が静にそっと、まるで参木の力をすがように、後から彼の脇腹へ廻って来た。彼の身体は欄干の上へ浮き上った。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
坊主な事をふて、人の見てでは物がはれないなんて、全体アノ坊主大変だとふ事を聞いてるが
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
歌子は、惣七の利益になることなので、すぐ引き受けたのだったが、もうひとり助勢を求めて、大槻藩の麦田一八郎の名をあげたのだった。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「それが、鍵盤の中央から見ますと、ちょうどその真上でございましたわ」と伸子はらわずに、自制のある調子で答えた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
と見ると、左側から猶予らわないで、真中と寄って、一帆に肩を並べたのである。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「だから悲劇のみ芸術である」なぞと言はれるのもか心外であるために、先づ、何の躊躇らう所もなく此の厄介な「芸術」の二文字を語彙の中から抹殺して(アア、清々した!)
FARCE に就て (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
長煙管で煙草を一ぷくって、左の手で袖口を掴みき、着ている大島の男縞が似合うか似合わないかしてみる様子をしたのち
老妓抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「彼女を少ししてみよう。」と私は思つた。「こんなに全然冷淡でゐられるなんて考へられない。」
それには長い年月の間、身にみついている国の方の習慣からしてて掛らねば成らなかった。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
着る物も着せねえで人を困らせても構わず無闇に金をるのを吝嗇と云っていけねえのだ、それから自分が一食う物を半分食って、れは欲しい
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ですから新しさがないのは当然ですが、さりとて古さへのらいや、疑いもないので、必要な雑器として坦々と作っているのです。
多々良の雑器 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
(茲でまた一言お断りして置かねばならないのは、つひぞ我々の口の端に、取るに足らないやうな話題がのぼつた例しのないことで、元来わしは礼節に適つた、所謂、面白くて教訓になるやうな話がいつも好きなのぢや。)
病気の経過だの、物入りだのを、輪に輪をかけて話して、仕舞いにはきっと、自分のになる方へと落して行った。
栄蔵の死 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
長さ一尺五寸幅一尺ほどな青表紙の手帳を約十冊ばかりべて、先生はまがながな、紙片に書いた文句をこの青表紙の中へ書き込んでは、吝坊が穴のいたるように
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
非人で試験してみるつもりが、正反対に非人から試験された訳で……。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
弟橘の豐日の命、池の邊の宮にましまして、三歳天の下治らしめしき。この天皇、稻目の大臣が女、意富藝多志比賣に娶ひて、生みませる御子、多米の王一柱。
次に多米の王、次に櫻井のの王八柱。
彼は、仙吉があっけにとられて、まだ返事をしないうちに、もう売場の横の棚にふせてあった汲桶をおろし、それをさげて、いっさんに台所の方に走って行った。
次郎物語:03 第三部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
汲桶をさげて井戸端の方に走って行ったのを見ると、さすがにちょっと驚いたふうでもあったが、そのまま腰を落ちつけてしまい、それからは、横目でじろじろ店の方を睨んだり
次郎物語:03 第三部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
と、はためをもらしました。
ふるさとの林の歌 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ファラデーは鉄瓶とか、ロウソクとかいうような小供の知っている物の話をし、前に考えもつかなかったような面白いことを述べて、それから終りには何か有益になる話をする。
あり、あり、眷屬あり、いろがあつて、金持で、大阪のみに、停車場前を、さつ/\と、自動車歩行くのさへ電車よりいまで、猶豫らはず、十字八方ける人數
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
りてして嫡妻とす。ここにその孃子、常に種種のを設けて、恆にそのに食はしめき。
『ナニだ、だ!』と繰返しましたがは、以前よりも餘程しく、其上可哀相歔欷までして、『種々經驗したが、似寄つたものはもない!』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
七四 在家も亦出家も「此れ正に我がに造られたり」とひ、「諸の所作と非所作の中に於ける何事も實に我が隨意たるべし」とへる人あり、此れ愚者の思量する所
法句経 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
私はアデェルを試驗してみたのですよ、そしてあなたがあの子では隨分骨を折つてゐて下さつたことがわかりました。
部落の土人は想像したより彼らに敵意を示さなかった。貯蔵ていた食料を取り出して来て惜し気もなく彼らと交換した。そして一行を歓待して土人流の宴会を開催いてもくれた。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)