老妓抄ろうぎしょう
平出園子というのが老妓の本名だが、これは歌舞伎俳優の戸籍名のように当人の感じになずまないところがある。そうかといって職業上の名の小そのとだけでは、だんだん素人の素朴な気持ちに還ろうとしている今日の彼女の気品にそぐわない。 ここではただ何とな …
作品に特徴的な語句
ため 退すさ もや ほう あせ 襁褓おむつ 乾物ほしもの がたき はず あるい うつ なま 嫉妬やきもち 微醺ほろよい つね 抱妓かかえっこ まく つかま 柚木ゆき なめら 病鶏やみどり 相応ふさ ほだ うらやま かんがえ 肝煎きもい ふなべり さいな 莨入たばこい 菖蒲しょうぶ 蒲団ぶとん なじ つよ 一揆いっき 一途いちず 一重ひとえ 丁寧ていねい 上瞼うわまぶた 不精ぶしょう なが 介添かいぞえ たたず くるま 俯向うつむ もう 其処そこ もた 初午はつうま 刹那せつな あま たた 合歓ねむ 喋舌しゃべ あえ 執成とりな 堅気かたぎ 女将おかみ ねえ 婿むこ 媚態びたい 嫉妬しっと なぶ なだ くつろ ひら 屡々しばしば かさ 嵩張かさば 市楽いちらく 度々たびたび 復習さらい 恰幅かっぷく ふる てい いこ 我儘わがまま 折衷せっちゅう くく こしら かす
題名が同じ作品
老妓抄 (新字新仮名)岡本かの子 (著)