“措”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
96.6%
1.1%
おい0.8%
0.6%
さしお0.4%
おか0.2%
かけ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
静寂といおうか、閑雅といおうか、釣りの醍醐味をしみじみと堪能するには、寒鮒釣りをいて他に釣趣を求め得られないであろう。
寒鮒 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
となく薄淋しくなつためながら、くと、今度航海から、不運我等跟尾つてつただ。
何はても、余所ながら真砂町の様子を、と思うと、元来お蔦あるために、何となく持足、思いなしで敷居が高い。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
軍奉行、長崎四郎左衛門ノ、実検シケルニ、執筆十二人ニテ、昼夜三日ノ間モ、筆ヲカズ、死者ノ名ヲセリトゾ
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
専ら野馬を猟りて食った時代はき、耕稼乗駕馬を労する事多き人が、その上にもこれを殺し肉を食い皮を用いなどするは
そんな高利を借りても急をはにやれんくらゐの困難が様々にある今の社会じや、高利貸を不正と謂ふなら、その不正の高利貸を作つた社会が不正なんじや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
遂に彼等進み来り手をイエスにへぬ。——馬太伝廿六章
接吻 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)