“措定”の読み方と例文
読み方割合
そてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いき」の質料因と形相因とが、化粧を施すという媚態の言表と、その化粧を暗示にめるという理想性の措定とに表われている。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
およそ意識現象としての「いき」は、異性に対する二元的措定としての媚態が、理想主義的非現実性によって完成されたものであった。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
しかし「いき」の形相因たる非現実的理想性は、一元的平衡の破却に抑制と節度とを加えて、放縦なる二元性の措定妨止する。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)