“余所”の読み方と例文
旧字:餘所
読み方割合
よそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また病つきで課業はそつちのけの大怠惰、後で余所の塾へ入りましたが、又先生と来た日にや決して、う云ふものを読ませない。
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
家の惣菜なら不味くても好いが、余所へ喰べに行くのは贅沢だから選択みをするのが当然であるというのが緑雨の食物哲学であった。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
そうして我藩の士民も、特に土州には親しむが、長州は余所にしているような風もあるので、長州は少し妬ける気味もあったろうか。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)