余所よそ)” の例文
旧字:餘所
また病つきで課業はそつちのけの大怠惰、後で余所の塾へ入りましたが、又先生と来た日にや決して、う云ふものを読ませない。
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
家の惣菜なら不味くても好いが、余所へ喰べに行くのは贅沢だから選択みをするのが当然であるというのが緑雨の食物哲学であった。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
そうして我藩の士民も、特に土州には親しむが、長州は余所にしているような風もあるので、長州は少し妬ける気味もあったろうか。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
ドッと見物の間に笑い声が起ったので、其次の「いつ余所の男とくッつくかも知れなかった」という言葉は危く聞き洩す所だった。
白昼夢 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
山木と河合の心配を余所に、ネッドと張は大元気でふざけている。全く現金な両人だ。とうとうコロラド行をものにしてしまったのだ。
火星探険 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「こいちゃんは今時分に着る余所行きのべべがないねんもん。今日は姉ちゃんがお姫様で、こいちゃんはモダーンガールの腰元や」
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ただ市村座の向側に小さい馬肉の煮込を食わせるところがあり、その煮方には一種のがあって余所ではえない味を出していた。
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「青竹を割ったどころか、漢竹ったような子だ。嘘ばかり吐いている。お前は余所さんの娘を不良少女なんて言う資格がない」
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「あ、手付……ああれる、零れる! これは恐入つた。これだからつい余所で飲む気にもなりますとつて可い位のものだ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かしましく電車や自動車の通っているのを余所に、一艘伝馬がねぎの束ねたのや、大根の白いのや、漬菜の青いなどをせて
日本橋附近 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
そういうものでなくては、ほんとうに美味いものではない。自分の知っているかぎり、深泥池に産するようなものは余所にはないようだ。
洛北深泥池の蓴菜 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
その時私はこれに非常な興味を覚えたものと見え、余所で泊ったことなどまだ一度もないのに、今日はここへ泊ると云い出した。
御萩と七種粥 (新字新仮名) / 河上肇(著)
余所は仕方がないが、どうか柳橋では浮気をしておくれでない、若し柳橋で浮気をなさると、友さん私は死んでも浮ばれませんよ
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
その青い鳥を余所に求めて、Tyltyl, Mytyl のきょうだいの子は記念の国、夜の宮殿、未来の国とさまよい歩くのですね。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
下女「通ったどころでありません。大原さんのお家の騒ぎが面白いから折々きに参りました」お登和嬢「私に黙って余所の家を ...
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
ほとんど一千尺位の全く雪をって居る山ばかりで、そんなに美しい景色は余所の国では決して見ることが出来ぬだろうと思う。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「私もゆうべはわざと余所で過して来ました。花があるので好んでこちらへ来ただけなのだろうなどと言われそうでしたから」
かげろうの日記 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
苦労ある身の乳も不足なれば思い切って近き所へ里子にやり必死となりてぐありさま余所さえを見て感心なと泣きぬ。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
なるほど寒月君のために猫にあるまじきほどの義侠心を起して、一度は金田家の動静を余所ながらった事はあるが、それはただの一遍で
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ひとしきり自分の体に着くものと決まっていた数ある衣類も、叔父に言われて、世帯の足しに大方余所へ持ち出してしまった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
それに、あの子が、仲良く遊んでいたゞいた同じ年頃のお友達は、やつぱり、余所のお子さんのやうな気がいたしませんわ。
ママ先生とその夫 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
知りたがる沢山の余所の子供にも有益なのだから。出来るだけそれを簡単なものにして集めて叔父さんはそれを本にしようと思つてゐるんだ。
めては父母兄弟余所ながらの暇乞いもなすべかりしになど、様々の思いにりて、睡るとにはあらぬ現心に、何か騒がしき物音を感じぬ。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
余所の見る目もいと殊勝立働きてゐたりしが、あつて再び身を新橋教坊に置き藤間某と名乗りて児女歌舞ゆ。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
其の前に歌う時は、ど父母の膝に突伏して、余所での悲しさを思い入れ泣くような心地がして、歌って果は泣いて、それが為に心は慰められた。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
そしてそれは余所から借りて来たものでなくて、やはり作者自身から自然に歌の中に流れ込んだもののように見える。
宇都野さんの歌 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
其頃になると、主人は余所から帰つて来、裸になつて、自転車の置いてある縁先へ出て、高声に講談の筆記を読んだり、川柳を読んでは笑ひ興じる。
秋の第一日 (新字旧仮名) / 窪田空穂(著)
クサカはまだ人にう事を知らぬ。余所の犬は後脚で立ったり、膝なぞに体を摩り付けたり、嬉しそうに吠えたりするが、クサカはそれが出来ない。
私はそれを余所にして踊の場へ行くのがだつたのでした。私は楽屋でお膳のないのを悲みながら、煮魚のむしつたので夕飯を食べさせられました。
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
規矩男は母の命令で食料品の買付けに、一週一度銀座へ出る以外には、余所へ行かないといっているとおり、東京の何処のこともあまり知らない様子。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
当分のは、マリイと町を散歩していて、余所の男の目が、マリイに注がれているのに気が付くと、るような微笑がフェリックスの唇の上に漂った。
みれん (新字新仮名) / アルツール・シュニッツレル(著)
平気にて「ハアヽ余所には嫁入が有さうな云々」と言ひしときにお夏が「又ねすり言ばつかり、おんなじ口で可愛やと云ふ事がならぬか、意地のわるい」
「歌念仏」を読みて (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
一わたり見渡すともう余所の眺望に長く眼を呉れているそらはないのであろう、二人は申し合せたようにた西南の方、白峰赤石一帯の山々に見入って
奥秩父の山旅日記 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
従兄弟なり親友なり未来の……夫ともなる文三の鬱々として楽まぬのを余所に見て、かぬと云ッても勧めもせず、平気で澄まして不知顔でいる而已
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
一体ヤクツク人は人の善いで、所々の部落で余所から来たものに可なりの補助をして遣る風俗になつてゐる。
われこの雲を日和雲と名づく。午後雨雲やうやくひろがりて日は雲の裏を照す。散り残りたる余所の黄葉しげに垣ごしにながめらる。猫のそのそと庭を過ぐ。
雲の日記 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
せめて余所ながら蕗子の顔を一目見てから、慾を云えば何とか一言口を利いてから出立したくなりました。
流転 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
余所のは米の粉を練ってそれを程よく笹に包むのだけれど、是は米を直ぐに笹に包んで蒸すのだから、笹をとるとこんな風に、東京のおと云ったようだよ」
浜菊 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
子供が七歳の春、私は余所の女と駈落して漂浪の旅に出、東京に辿りついてさま/″\の難儀をしたすゑ、当時文運の所産になつたF雑誌の外交記者になつた。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
けれどそういうきびしい話も、その頃のおせんにとってはまるで縁のない余所ごとのようなものであった。
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
ドイツ人がもと族霊たりし兎を殺し食うも同例で、タスマニア人が老親を絞殺して食いしごとく身内の肉を余所の物に做了うは惜しいという理由から出たのだろ。
彼らは鷹の目、人の目の多い夏場よりも、むしろ立ち勝った元気で、吹雪も氷柱もものかわ、わが天地とばかり振る舞っているのは、余所の見る眼も小気味よい。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
然し庭が広いので、余所へ知れる心配はなく、実際友江さんが、家続きの土蔵に監禁されて居ることを知って居るものは信之と沢の外には一人もありませんでした。
暴風雨の夜 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
余吾之介様を独りにしたいばかりの私の悪企み、今日は余所ながら処刑を見物する積りで、竹矢来の外から悪魔外道の眼を光らせていた浅ましい私でございます。
十字架観音 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「オーそうとも。兄が死んだけれども、死んだものは仕方がない。お前も余所に出て死ぬかも知れぬが、死生の事は一切言うことなし。何処へでも出て行きなさい」
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
寺の寮々に塗籠を置いて、おのおの器物を持ち、美服を好み、財物を貯え、放逸の言語にふける、そうして問訊礼拝等は衰微している。恐らくは余所もそうであろう。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
老婆 ございましたが訳があって、余所へやったまま、今では生き死もわかりません。亭主には死別れ、お恥しいこんな姿で、やッとその日をカツカツ送っております。
瞼の母 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
ここがうまく行けば余所でも真似るようにならぬものでもなかろう。それは諸君の勉強の如何によるのである。こういう趣意であるから、そのつもりで奮発して下さい。
日が暮れると東御殿を余所にしてお出かけになることもおできになれなかったりして、宮が幾日もおいでにならぬことのあるため、こうなることであろうとは思ったが
源氏物語:51 宿り木 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「どうせれつこはないよ。こゝで死なゝければ余所で死ぬるのだ。死なゝくてはならない。」