“余所々々”の読み方と例文
旧字:餘所々々
読み方割合
よそよそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
を付けた四角四面の切口上で応接するというわけではなかったが、態度が何となく余所々々しくて、自分では打解けてるツモリだったかも知れぬが
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
今度からは訪ねて来ても出来るだけ余所々々しくして、玄関で会って帰す程度にしたいと、自分でも思い、夫にもそう云い付けられていたのであるが、今日の場合は
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
この一事のは人目をくべき点も無く、彼は多く語らず、又はがず、始終くしてゐたり。終までこの両個同伴なりとは露顕せざりき。さあらんには余所々々しさに過ぎたればなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)