“余所行姿”の読み方と例文
旧字:餘所行姿
読み方割合
よそゆきすがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
健三はちょっと振り返って細君の余所行姿を見た。その刹那爛熟した彼の眼はふとした新らし味を自分の妻の上に見出した。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)