“余所外”の読み方と例文
読み方割合
よそほか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とても余所外の小供では続かないが、其処は文三、性質が内端だけに学問には向くと見えて、余りしぶりもせずして出て参る。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
貴方が余所外に未だ何百人愛してゐらつしやるが有りませうとも、それで愛相して、貴方の事を思切るやうな、私そんな浮気な了簡ではないのです。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)