“了簡”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょうけん81.7%
れうけん11.7%
りようけん5.0%
きしょく0.8%
りうけん0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちとやそっとの、ぶんぶんなら、夜具の襟をっても、成るべくは、蛍、萱草、行抜けに見たい了簡。それには持って来いの診察室。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
始め町人になり百姓になり了簡次第に有附べし併此以後は三人共に音信不通になし假令途中などにて出會とも挨拶も致すまじと約束を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
げるだけ稼がせないのは損だと云つたやうな了簡で、長い間無理な勤をせまして、散々にり取つたので御座います。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
『結構な死態タイ。了簡バイ。鰒に喰われよる夢でも見よろう』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
摺付其處が御衣役御圓頂役なれば諸役人も一了簡り殊には御寺格と申彼是助る儀も御座らんにより何卒命乞成下さるゝ樣に願ひ奉つる此事御聞入下さらば假令私しのは如何樣に相なるとも聊かもしからず何卒主人の一命を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)