“音信不通”の読み方と例文
読み方割合
いんしんふつう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
始め町人になり百姓になり了簡次第に有附べし併此以後は三人共に音信不通になし假令途中などにて出會とも挨拶も致すまじと約束を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そして、そのあいだの七年間は、音信不通。各自、道につとめて、たとえ街上で行き会っても、言葉をかけること無用たるべし。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「ああ、そうですか、じゃあ里にられなすったおなんですね。音信不通という風説だったが、そうですか。——いや、」
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)