“黄道吉日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうどうきちにち66.7%
くわうだうきちにち16.7%
こうどうきつじつ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「貧乏性だわねえ、あんたは。今日は黄道吉日でしょ。お大尽の仕立て物には、ち祝いということをするもンなのよ、知らない?」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ば恐れての事ならんか町人の身として奉行を𫥇人に立んこと世に勿體なき譯なればと親類一連署して此辭退し終りぬ兎角するうち新築出來せしかば親子お金を其所に移し黄道吉日
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
最後に、『二人子供ができたらそれをる』という約束ちまして、とうとう黄道吉日んでめでたく婿入りということになったのでした。