“馬鹿正直”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばかしやうじき33.3%
ばかしょうじき33.3%
ビーダーマイアー33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
息子平氣なものです「またまつたよ。おつかさん、お相變らず馬鹿正直だねえ、其樣なけち/\した此世れるかえ。」と大酒んで
じぶんの馬鹿正直さに気がつき、これからは米とも豆ともいわないことにきめた。わずか一学期だけのことだったので、一年生の父兄のほかはよく顔もおぼえていなかったのだ。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
それで人々は「馬鹿正直」という渾名を彼に与えた。この「馬鹿正直」を徹底させたものが今日の彼の仕事になろうとは、誰も夢にも考えなかった事であろう。
アインシュタイン (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)