“息子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むすこ97.9%
せがれ1.6%
わたし0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大キュロスとカッサンダネとの息子波斯王カンビュセスが埃及侵入した時のこと、その麾下の部将にパリスカスなる者があった。
木乃伊 (新字新仮名) / 中島敦(著)
息子長三郎にもしたるに息子は然もこそあらんと思ひ夫婦は麁忽再度婚姻を結んとて翌日忠兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
息子のために贈つて寄す洋服を着せ、どうせ途中で歩くのだからとボタンの長靴を穿かせようとするし、爺さんは
熱海線私語 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)