“道士”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうし70.0%
だうし30.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、道士たちの住む墻院、仙館は、峰谷々にわたり、松柏をつづる黄や白い花はや鶴の遊ぶといってもよいであろうか。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そろそろと不老不死の術を恋いれ、ついに道士の言にかれて無益の探求をつるに至ったなどは、いわば支那古代の小説の一つの型であって、たまたまその中の特に美しく
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
令史からず顛動して、夜明けて道士嗟歎してふ、のなすなり。奈何せむ。道士く、にうかゞふこと一夕なれ。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しかし僧侶道士ふものにしては、何故ふこともなく尊敬つてゐる。自分會得せぬものにする、盲目尊敬とでもはうか。そこで坊主いてはうとつたのである。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)