“童男”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
をぐな42.9%
おぐな14.3%
こども14.3%
どうだん14.3%
どうなん14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“童男”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
母はいざ国の童男をぐなが相搏つとむかひ構へぬ小さきやはら手
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
豐明節會とよのあかりをみごろも、童男をぐなのひとり、
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
ここに大長谷の王、そのかみ童男おぐなにましけるが、すなはちこの事を聞かして、うれたみ怒りまして、そのいろせ黒日子のもとに到りて、「人ありて天皇を取りまつれり。いかにかもせむ」とまをしたまひき。
夏も末方のちと曇ってしめやかな晩方の事、童男こどもは遊びに出てしまう、婦人と自分と妻と雑談しているうちに、ふと婦人がさる悲酸の事実だんを話し出された。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
もう十二年ぜんである、相州そうしゅう逗子ずしの柳屋といううちを借りて住んでいたころ、病後の保養に童男こども一人ひとり連れて来られた婦人があった。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
少しおくれて、童男どうだん童女どうじょと、ならびに、目一つの怪しきが、唐輪からわ切禿きりかむろにて、前なるはにしきの袋に鏡を捧げ、あとなるはきざはしくだり、巫女みこの手よりを取り受け、やがて、欄干らんかん擬宝珠ぎぼうしゅの左右に控う。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
童男どうなん童女どうぢよを食とするモロックよりも虚誕きよたんにして又、殘忍なり醜惡しうをなり、
頌歌 (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)