多神教たしんきょう
場所美濃、三河の国境。山中の社——奥の院。 名白寮権現、媛神。(はたち余に見ゆ)神職。(榛貞臣。修験の出)禰宜。(布気田五郎次)老いたる禰宜。雑役の仕丁。(棚村久内)二十五座の太鼓の男。〆太鼓の男。笛の男。おかめの面の男。道化の面の男。般若 …
作品に特徴的な語句
ほか しば はや ふる とも でか さびし 退しさ 出入だしい 階段だんだん なや わず とう はずか だき 娼婦ふんばり 退すさ よし もう やまい しん 狼狽うろたえ かか なり うつ わらい みの げん みじけ あきらか 追放おっぱな 咒詛のろ 可忌いまいま おごそか がく 仮睡いねむ けがれ かぶり ちっ ざる こた おおき のた ことば はげし かみ はりつけ わざ 退さが うえ なま ぬか 吃驚きっきょう がみ 口惜くちおし むな 化粧けわい つつみ 立直たてなお 童女どうじょ ささ 童男どうだん あおり 手取てど もよおし がた 御前みまえ 燐火ふとだま 悪気あくき るい はなだいろ あし 呪詛のろ しげみ 鉄漿はぐろ 疫病やくびょう とび ふり 御酒みき うっす たなごころ 取出とりい わし 可恐こわ かん ばば がら ごと がた きょう しっか