多神教たしんきょう
場所美濃、三河の国境。山中の社——奥の院。 名白寮権現、媛神。(はたち余に見ゆ)神職。(榛貞臣。修験の出)禰宜。(布気田五郎次)老いたる禰宜。雑役の仕丁。(棚村久内)二十五座の太鼓の男。〆太鼓の男。笛 …
作品に特徴的な語句
夜叉やしゃ 美濃みの 通夜つや 面長つらなが 浅葱あさぎ 素足すあし 羽目はめ しば 身悶みもだ 木樵きこり 般若はんにゃ なだ 鉄漿はぐろ たちばな 半襟はんえり 御幣ごへい 人参にんじん 禰宜ねぎ 素朴そぼく 威丈高いたけだか 牛蒡ごぼう 町方まちかた かき 参籠さんろう 御挨拶ごあいさつ 森々しんしん 蹴落けおと 神楽かぐら 一本ひともと みまわ 居睡いねむ 昏迷こんめい 申訳もうしわけ 崩折くずお 大木たいぼく とりしば 赤蜻蛉あかとんぼ どう 馬丁べっとう 爪立つまだ むじな 三河みかわ こよみ 水干すいかん 御身おみ 大雨おおあめ 伊達巻だてまき かや 一献いっこん 真先まっさき 暗夜やみよ すそ かぶ 了見りょうけん しょう 日南ひなた 柑子こうじ 突拍子とっぴょうし 落葉おちば 赤錆あかさび 鮟鱇あんこう 業火ごうか 薄日うすび 摺鉢すちばち 懐紙かいし 天降あまくだ さわ 瓔珞ようらく 白雪しらゆき 篳篥ひちりき 長柄ながら 脱殻ぬけがら 礼拝らいはい 端近はしぢか 機織はたおり 裸身はだかみ 一幅ひとはば 芝居しばい 頬骨ほおぼね 不気味ぶきみ 川下かわしも 大根だいこん うば 御手洗みたらし 所作事しょさごと 五月いつつき 希有けう 伸上のびあが 掻合かきあ 社家しゃけ 間近まぢか 三宝さんぽう 取出とりい 道化どうけ 颶風はやて 御心みこころ 一矢ひとや こおり 羽搏はばたき