“吃驚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
びっくり77.0%
びつくり16.5%
びっく4.2%
きっきょう0.8%
びつく0.5%
びつくら0.3%
びッくり0.2%
びツくり0.2%
おどろき0.2%
たま0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、突然後からコートの背中をつくものがあるので、吃驚して振り返って見ると、見知らない一人の青年が笑いながら立っていた。
鉄の処女 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
婆さんもその物音に目をしました。そして起きて戸を開けてみますと、吃驚して、思はずアッと言つて、尻餅くところでした。
竜宮の犬 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
「こんな事でもしなかったら、彼奴吃驚りしますまい。……だがう私達は伊右衛門のことなど、これからは勘定に入れますまい」
隠亡堀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
◯一方エリパズら三友は、来り観て想像以上の悲惨なる光景にまず吃驚し、同情と共に一種の疑の起るを防ぎ得なかったのである。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
彼は吃驚りしたやうに見えた——今、私にお歸りと云つたのに、吃驚りするなんて、ひどく矛盾してゐるわけだが。彼は叫んだ。
そんな捫懌最中に、狭山さんの方が騒擾に成りましたんで、私の事はまあどうでも、ここに三千円と云ふお金が無い日には、訴へられて懲役に遣られると云ふんですから、私は吃驚して了つて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
賢ちゃんが吃驚して眼を円くした時、私は卒然バタバタと駈出し、前へ行く児にトンと衝当る。何しやがるンだいと、其児に突飛されて、又誰だかに衝当る。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
不気味投出さうとするとずる/″\とつてついてぶらりとつたれたから真赤しい垂々たから、吃驚してをつけてじつとると
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
べとりと頤髯一面なその柔和な口を結んで、足をやや爪立ったと思うと、両の肩で、吃驚の腹をんで、けたたましく飛び退いて、下なる網にいて倒れぬばかり、きょとんとして
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いいらぶつ吃驚げた真似仕出かし申してのおさま。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)