“びつくり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
吃驚68.5%
喫驚22.4%
愕然3.5%
驚愕2.1%
屹驚1.4%
1.4%
震駭0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熊のおツ母さんは、不意に猪に呶鳴られたので、吃驚して思はず、力一杯引起して居た石から手を離しました。と、同時に足の所で
熊と猪 (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)
吾等喫驚して其方振向くと、此時吾等てるより、大約二百ヤードれたから、突然はれて二個がある。
懸けければ此方は彌々愕然し急に顏色蒼醒後の方を振返るに召捕と云間も有ず數十人の捕手より走り出高手小手に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
両親はじめ驚愕せられ幽灵ならんとて立さわぐ。そのはづ也。
大きなる椿ほたりと落ちしなり屹驚するな東京の子供
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
古縄としせば、おどされたるして片足泥田へふみいれしを衆人辴然す。此農業通路なればふべき茶店もなく、半途りて古きに入りてやすらふ。
そして無残な無限の奴は、おまへの瞳を震駭させた。