“駭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おどろ92.3%
おど5.2%
おどろか2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが明日が約束の日という昨夜になって、カンカン寅が突然警察へ監禁されてしまったので、爺さんは失心せんばかりにいた。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
私は秀岡の顔を見るととなりました。胸の中がるような昂奮に襲われて了ったのです。秀岡もろいていたようです。
旅客機事件 (新字新仮名) / 大庭武年(著)
中にカラブリアの一美人ありて、群客の目をせり。その美しき黒き瞳はこれに右手を借したる丈夫の面に注げり。是れララと我となり。