“監禁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かんきん90.0%
とりこめ5.0%
おしこ5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが明日が約束の日という昨夜になって、カンカン寅が突然警察へ監禁されてしまったので、爺さんは失心せんばかりにいた。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
……それに、聞けば、安南とやらの王様をここへ監禁してあるそうだが、そりゃ一体どういう了見でやったことなんだ。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
あらそいというのはよくあることだから染岡が大井の寵をねたみ、相手の力をそぐために、じぶんの局へでも引きこんで監禁めてあるのではないかと思い、奥年寄の老女に命じて