“おどろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オドロ
語句割合
46.2%
30.8%
19.7%
1.7%
0.3%
荊棘0.3%
驚愕0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
色斯0.1%
0.1%
驚怖0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、子家鴨達は、までんでいたよりも、あたりがぐっとひろびろしているのをいていました。すると母親
とにかくいたのは金博士ばかりではない。全世界の全人間が愕いた。殊に最もひどい感動をうけたものは、各国参謀軍人であった。
丁度その途端、信一郎の肩を軽く軟打するものがあつた。彼はいて、振り顧つた。そこに微笑する美しき瑠璃子夫人の顔があつた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
男は彼女の重太郎であった。其風采は母と同じく異体に見えたが、極めて無邪気らしい、小児のような可愛い顔であった。髪をに被ったって
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
の髪をふり乱して、帯もしどけなく、片手に懐中の児を抱き、片手を高くさし上げ、裸足になつて駆け出した、駆け出したと見るや否や、疾風の勢を以て
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
鳥立見よ荊棘のかげの小雀だに白鷹す形して飛ぶ
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)
彼方山背からぞろ/\とはれてたが、鐵車るや非常驚愕いて、奇聲つて、ふの深林へとせた。
驚愕いたのは、船橋船長後甲板一等運轉手二等運轉手三等運轉手水夫火夫見張番一同顏色つて、船首甲板つてた。
開き立出たるは別人成ず彼の番頭の久八なれば千太郎は大いに置手早くろへ素知らぬして居る側へ久八は摺寄せ是申し若旦那暫時下さるべし如何にも御無念は御道理然共時ならずより私し失禮ながら主人の御容子唯事ならずと心配なしての彼方に殘らず始終
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
可成りかされるじゃアありませんか。
坊さんの計算の時には二を掛けて行つてく程の速さで大きな数字になつて行つた。が、木虱の家族の増えるのは、十を掛けて行くのだから、其の増えるのはもつと/\早い。
「忽ち又人有り。数十の男婦を駆りて至る。鞭策甚だ苦。声をうして呼号す。」賈はいて目を醒ました。それからこの夢を人に語つた。けれども誰一人信ずるものはない。
鴉片 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
色斯きてがり、って後る。曰く、山梁雌雉かなかなと。子路えば三たびげてつ。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
誰も彼も先に秀子と共にうと思い其の旨を申し込むけれど、秀子は充分に返事をせぬ。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
さして來掛るを近寄ればふ方なき千太郎成ければ是はと思ひし久八よりも千太郎は殊更驚怖きしが頭巾
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)