“おび”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オビ
語句割合
35.9%
24.8%
9.6%
8.8%
6.4%
3.6%
2.5%
2.1%
1.9%
飫肥0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
腹帯0.3%
誘引0.1%
0.1%
弾帯0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
王帯0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
までりにいていたが、えがちにったのは、雨戸からりに、おのずとえてしまったに相違ない。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
めったに、物事を疑ってみることをしない彼女だけに、事の意外に打たれると、驚き方も、人よりはひどく、そしてえやすかった。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
んで、ぐいとった。そので、さにでた八五は、もう一って、藤吉枝折戸きずりんだ。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
き出そうとしたが、雪のせいで腹が痛くて顔を出せなかった。今度来たら、キッと女房の下手人の顔を見定めてやるから——と
伯父さんはもうつてしまつて、さんのめて手拭ひつけ、その手拭さんをいてくやうにしてれました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
此犬はあまり大きくもないが、金壺眼の意地悪い悪相をした犬で、滅多に恐怖と云うものを知らぬ鶴子すら初めて見た時はえて泣いた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
はじめは勤人が居たんだが、俺の鼾に子供がえて仕方がないと云ふので、向方が越して知り合ひのあゝいふ師匠が移つて来たのだつたさ。
剰へ日が血のやうに西からのぼり、月が痺れて東へ落ちかかる怪しい神経病者の幻想さへ時折発作のやうに霊自身をやかす。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
京子の片手は何かにえて加奈子の膝の上に置かれた。加奈子はその手を見詰めて居るうちに、二十年前の二人の少女時代の或る場面を想い出した。
春:――二つの連作―― (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
須磨子は三年前に飫肥へ往ったので、仲平の隠家へは天野家から来た謙助の妻淑子と、前年八月に淑子の生んだ千菊とがついて来た。
安井夫人 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
冷たい日光が雪に照返つて、家々の窓硝子を、寒さにえた樣にギラつかせて居た。大地は底深く凍つて了つて、歩くと鋼鐵の板を踏む樣な、下駄の音が、頭まで響く。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
また琥珀として、襲衣人知れずみてむ。立居になよやかなるつ/\微妙して、くもののし、かしめき。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それは少しも心に止まらねども美登利が素振のくり返されて正太は例の歌も出ず、大路の徃来ただしきさへ心淋しければ賑やかなりとも思はれず、火ともし頃より筆やが店に転がりて
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
図太くて、いらひどくて、人をあやめることを何とも思はないで、公にくことを心持が好い位に心得て、やゝもすれば上には反抗して強がり、下には弱みに付入つてやかし、租税もくすねれば
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
希望に燃えている、豪壮を愛している、殺伐な裏には優雅にいている、血腥い半面には華麗を慕う。——それは武人自身でなく、むしろ暗鬱な戦国の下に長くえいじけて来た民心にたいして
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
扇沢から吹きげられた千切れ雲が気紛れに手を伸して、時々祖父岳の額を撫でに来るが、双尖を聳やかした鹿島槍ヶ岳の威容にえて、慌てたように黒部の大谷に逃げ込む。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
思ひきや方様の方には、疾くより赤手柄の奥様居まして、やがては腹帯もしたまはむとの噂。さるにても大学へはと聞けば、いなさる様子はなし、今も奥様の父御のものなる会社へ通ひたまふなるが。
葛のうら葉 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
本船愚昧なる船長は『船幽靈めが、難破船眞似なんかして、暗礁へでも誘引せやうとかゝつてるのだな。』と延氣つてつたが、其實船幽靈ならぬ海賊船
現世存在得べからざる海魔とか船幽靈とかよりは百倍千倍恐怖るべき仕業で、企圖つるがあつて、弦月丸彼處海上誘引せやうとしたのではあるまいか
やかし味方に付る時は江戸表名乘るに必ず便利なるべしと不敵にも思案を定め彼奧座敷に至り燭臺りをの上に欣然と座を胴卷の金子はの臺に差置き所持の二品を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
浅葱天鵞絨の鳥打帽子を被って、卵色薄羅紗猟装束を着て、弾帯をきりりとしめて、薄皮の行膝をはめて、胡坐をかきながら、パイプを軽くつまんでマニラを吹いて居る。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
えたやうな声が響いて、軍治は矢庭に急な板梯子を中途からとび下り、居間の障子を引き開けると、蒔はもう歯のないよぢれた膜のやうな唇を間を置いて開き、又閉ぢしてゐるだけであつて
鳥羽家の子供 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
打顫ふ手に十行めしを、つと裂きて火鉢に差爇べければ、の急に炎々とるを、可踈しと眺めたる折しも、紙門けてその光にえしは、覚えず気色みつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お祖母様や乳母や誰彼に聞かされたお化の話はすべてわが家にあった出来事ではないかと夜はいつでも微かな物音にさええやすかった。自然と私は朝を待った。町っ子の気儘な生活をんだ。
山の手の子 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
お前が、さも新吉の凄じい権幕にえたように、神経のばった相形いて微笑を見せながら、そういって私の部屋に入って来た。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
村の人は村の人できよときよとして唯恐怖にえてゐた。
田舎からの手紙 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
孫権は、王帯きながら、ふとの怒気をひそめていた。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
して黄金丸は、鷲郎に打向ひて、今日朱目がにて聞きし事ども委敷語り、「かかる良計ある上は、かに彼の聴水を、してんず」ト、いへば鷲郎もうち点頭
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)