“名乘”のいろいろな読み方と例文
新字:名乗
読み方割合
なの66.7%
なのり8.3%
なのつ8.3%
なのら8.3%
なのる8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自ら不良少女と名乘ることによつてかにんでゐる心のに、良心貞操とを大切にいたわつているのを、人々は(男子て)
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
見られ其方儀十二月二十七日の夜當方の下役名乘し者に召捕れ候趣き其節の手續明白に申立よと尋ねられければ文藏は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さず名乘て出る親子微妙者なれば何卒お光をてやらんとは思へども天下の大法人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
傳授したる甲斐ありと悦ぶ事限りなく爰に於て丸龜の道場は養子半四郎にせんと五左衞門は我名の一字をつて後藤半四郎秀國名乘門弟中へも右のきを吹聽なし五左衞門は是より流名
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ふが懇切さうに申居直りて御奉行樣私よりも願ひ上ます妹の安は此三次めが殺せしと承まはる上からはにも打果すべきなるに現在妹の敵と名乘に居ながら手も出されぬ我が身は如何に口惜しとがみを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)