“丸龜”の読み方と例文
新字:丸亀
読み方割合
まるがめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
惜まず施し病人へは醫師を頼んでせなどして貧民を救ふ事を常の樂みとなしければ丸龜近在にては後藤半四郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
西國船難船においらが叔父的彌次郎兵衞生命懸心願象頭山つたを、咽喉もとぎた胴忘れ、丸龜旅籠大物屋くとや、茶袋土瓶煮附、とつぱこのお
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「去年お取潰しになつた、讃州丸龜の山崎志摩守樣の御下屋敷跡ですよ。土藏一つだけ殘つて居ますが、あれはひどい雨漏りで、山崎樣御盛の頃拂下げになり、取こはすつもりで、そのまゝになつて居ります」