“土瓶”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どびん98.6%
どがめ1.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“土瓶”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
文学 > 日本文学 > 戯曲2.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さすがに遊び疲れたような心持ちで次郎左衛門はぼんやりと角火鉢の前に坐ると、亭主は自分で土瓶どびんと茶碗とを運んで来た。
籠釣瓶 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
本當ほんたうにすりや、一ぺんごと土瓶どびんなかみづでゆすがなくつちや駄目だめなんだがな」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
石見いわみにては土瓶どがめとも申すということじゃ。
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)