迷信解めいしんかい
今般文部省にて編纂せられたる『国定小学修身書』を一読するに、その中に迷信の課題ありて、懇切に迷信に関する注意を与えられしも、その文簡短にして、小学児童の了解し難きところなきにあらず。よって余は『修身書』にもとづき、その中に指示せられたる各項 …
作品に特徴的な語句
しるし ろう しょう もく しも 江湖ごうこ こうべ すい どじょう 相生そうしょう たたり あお 怒鳴どめい くら かみ 上野こうずけ なか 九曜きゅうよう 頭蓋ずがい ほろ ぎゃく うさぎ ばち 六三ろくさん たく きん こく うま 神代じんだい 遠里とおさと 方塞かたふた 足下そっか 禁厭きんよう 讐敵しゅうてき うれ 諸方しょほう じょ 土瓶どがめ ふん 大陰だいおん かけ 虚怪きょかい 狐惑こわく 狐憑きつねつ 狐持きつねも 狐火きつねび 狐狸こり 狐疑こぎ いぬ 狡猾こうかつ たぬき 瓢箪ひょうたん かわら 生霊いきりょう 甲子きのえね 甲己きのえつちのと 畢竟ひっきょう 痴談ちだん 痼疾こしつ 白蛾はくが 百籤ひゃくせん 相剋そうこく 真怪しんかい 真言しんごん 瞞着まんちゃく 石見いわみ つぶて まつ 祈祷きとう 神巫みこ 神水じんずい 神輿みこし 神酒みき 私怨しえん 稲荷いなり かまど 竿さお 筑紫つくし 筮法ぜいほう 筮竹ぜいちく 管狐くだぎつね 箪笥たんす 糞桶こえおけ 紂王ちゅうおう 編纂へんさん くく 羽前うぜん へい 腹鼓はらつづみ 面貌めんぼう 雪隠せっちん 雲州うんしゅう 雷斧らいふ 雷楔らいけつ いただき