“石見”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いわみ58.3%
いはみ40.0%
けんせき1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石見銀山のネズミ捕りという手があるが、あれは、そう簡単に死ねるものでないし、それほどの劇薬ならば、市販を許すはずもない。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
繩付を出す不面目を考へないわけではありませんが、手一杯に暴れられると、大坪石見の手でこの男を成敗などは思ひも寄りません。