“筮法”の読み方と例文
読み方割合
ぜいほう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分は先日あの学者から筮法を習う約束をしておいてまだそのままになっているのだけれども、いずれ筮法を習いに行くからには
馬車 (新字新仮名) / 横光利一(著)
その中にて最も古く、より広く用いらるるは易の筮法である。これを八卦の占いという。そのほかにシナにては亀卜の法があるも、わが国にては今日これを用うるものはない。
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
「それは駄目だ。初筮は告ぐ。再三すればれ、涜れば則ち告げずだ。君、一つ筮法を覚える気はないかね。暇潰しに習っちゃどうです。」
馬車 (新字新仮名) / 横光利一(著)