“筮亀”の読み方と例文
読み方割合
ぜいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
百樹曰、るに常にある亀とは形状少しくなるやうなり。依てるに、本草所謂秦亀一名筮亀あるひは山亀といひ、俗に石亀といふ物にやあらん。
百樹曰、るに常にある亀とは形状少しくなるやうなり。依てるに、本草所謂秦亀一名筮亀あるひは山亀といひ、俗に石亀といふ物にやあらん。
秦亀は山中にるものなり、ゆゑにで山亀といふ。春夏は渓水に遊び秋冬は山にる、て長寿する亀は是なりとぞ。又筮亀と一名するは周易に亀をて占ひしも此亀なりとぞ。