“筮卜”の読み方と例文
読み方割合
ぜいぼく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
郷里ではの寺小屋をひらいており、たまたま、遊歴の旅費かせぎに、好きな筮卜をとって、特にお望みの方だけに見て上げておるような次第でして
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)