“禁厭巫呪卜筮”の読み方と例文
読み方割合
きんえんふじゅぼくぜい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
俗道場を設けて禁厭巫呪卜筮を行い、家門に経を誦して衣食金銭の報捨を受け、遊芸を事とし、雑職に従い、もってこれを生計の方便として不思議と思われていなかったのである。
俗法師考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)