俗法師考ぞくほうしこう
斯道において先輩たる柳田國男君が、かつてその経営に係わる『郷土研究』の誌上において、「毛坊主考」(大正三—四年、第二巻一—一二号)の題下に特殊民と在俗法師との関係につき、長々しく研究を連載せられたことがあった。毛坊主ということは、自分はかつ …
作品に特徴的な語句
非人 しょう タトヒ 西木辻 てへり かたじけの あや ろう さが 却説きゃくせつ もう ねご しゅく つかさど つまび 垣内かきうち つく うら ちな むすめ いや 浄人きよびと 神人じにん なみ さむらい 八郎京ハテ おし はやし 垣内かいと 夙人しゅくびと 如何いかん まか 嫖客ひょうかく あざな やみ 曲舞くせまひ 穴太あのう さん 薬師くすし 遍路へんど すべ 間人まうと 上方かみがた 争存イカデカ 事書コトガキ 五辛ごしん 京終きょうはて 余部あまべ 倭君やまとのきみ 允許いんきょ こいねが 剃杭そりくひ 前棒さきぼう 勧進かんじん 区々まちまち 取斗とりはからい 味生みしょう 味鋺あじま 商估しょうこ 均霑きんてん 塗士ぬりし 売僧まいす 夙人はやびと 夷舁えびすかき 弦指つるさし 擯斥ひんせき 散楽さるがく 曲舞くせまい 木流こたがせ 松相まつのあい 桑門そうもん 梓巫あずさみこ ごう 沙弥しゃみ のり 浄人きよめ 渡扉とび 狗尾こうび みだ 瞋恚しんい 神子みこ ふせ 空読そらよみ 空閑こか えびら ささら つづ 素袍すおう 絃指つるさし 綽号あだな 緇衣しい ひもと めぐ 繞囲かこい ひじり