“師”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
47.2%
いくさ36.1%
イクサ11.1%
もろ2.8%
2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ロミオ 御坊か、消息とぢゃ? 殿宣告とあったぞ? まだらぬ何樣不幸が、知合にならうといふのぢゃ?
もと南陽の一耕夫、身のほどを知らず、天渾の数をわきまえず、みだりにして、わが平和の民を苦しむることの何ぞ屡〻なるや。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
兵法にも——帰ルウコトレ、マルヲ追ウ勿レ——と戒めている。故に、われはかえって今、小路から蜀勢のうしろへ廻ろう。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まったくの五月闇であった。から豊川筋へかかる頃から、ポツ、ポツと白い雨のが闇を斜めに切って来た。やがて、沛然たる大雨は、黙々とゆく三千の影を濡れ鼠にしていた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
以来十春秋日夜転輾鞭影キミヲシ、九狂一拝精進御懸念一掃ノオ仕事シテラレルナラバ、オウ、ク、「アリガトウ」ト明朗粛然謝辞ノミ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)