“シ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:
語句割合
12.7%
11.1%
7.9%
7.9%
4.8%
4.8%
4.8%
3.2%
3.2%
3.2%
3.2%
3.2%
1.6%
1.6%
使1.6%
1.6%
報知1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
所謂天降り着く神々に、自由自在に土地を占められては、如何に用心に用心を重ねても、何時神のめた山を犯して祟りを受けるか知れない。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
孫子ク、レ兵ヲ用ル之法国ヲ全クスルヲ上トシ、国ヲ破ル是ニ次グ、軍ヲ全クスルヲ上ト、軍ヲ破ル是ニ次グ、旅ヲ全クスルヲ上ト為、旅ヲ破ル是ニ次グ、卒ヲ全クスルヲ上ト為
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と鳴いてゐるのだ、と幼い耳にみつけられた、物語りの出雲の孃子が、そのまゝ、自分であるやうな氣がして來る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
サレド道ニ喧嘩口論ヲ挑ム者アリ、手向イ致サバ怪我スル恐レアレバ、逃グルニカズ。
枯野を塩に焼き、があまり琴に作り、かきひくや 由良の門中岩礁に ふれたつ なづの木の。さや/\(仁徳記)
そして、種々木綿でる事が、あれとしての一つの条件であつたらしい。
幣束から旗さし物へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
生ひをゝり み咲く
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
ルヤ、断食シキトキニハ、カノ偽善者シキ面容ヲスナ。コレ、
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
さうして年々頻繁に、氏神其外の神々を祭つてゐる。其度毎に、家の語部大伴たちを呼んで、もない昔代の物語りをさせて、氏人に傾聴をひて居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「オーイ。面ッェことになるれ。みんな早う、来いや、来いや」
芙蓉カズ美人
武者窓日記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
倭成す神は、はつ国る人である。はつくにしろす・すめらみことの用語例に入る人が、ひと方に限らなかつたわけには、実はまだ此迄、明快な説明を聴かしてくれた人がない。
万葉びとの生活 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ともかくも、「白珠も、黄金も、珠も、宝なりと謂はるれど、何しに子にまされる宝ぞ。豈子にかめや」と言ふのである。
副詞表情の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
しろ金も、黄金も、珠も、奈爾世武爾 優れる宝。子にかめやも
副詞表情の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
男 あゝ覚えた覚えた、他人の——いや、自分の趣味はか、他人にひては不可ないもの、さうかな。
自分の趣味は他人にひては不可ないものよ——教へてあげるわ。
下総御厨下司、平将門。兇乱ヲナシ、謀叛ノ状、明カナリ。使ヲ派シテ、コレヲ捕ヘ、ヨロシク朝ノ法廷ニ於テ、指弾問責アルベキ也。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
王(将軍綱吉のこと)先ニ太子(将軍の世子)ヲウテ、後宮マタ子ヲ産ムナシ。護持院ノ隆光、進言シテ云ウ。人ノニ乏シキハ、生前ミナ、多ク殺生ノ報イナリ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
来診を報知らせる電鈴がその時鳴つた、「夜遅く………」ときながら父は立つて行つた。
耕二のこと (新字旧仮名) / 中原中也(著)
人間浮生ナルヲツラツラズルニ、オホヨソハカナキモノハ、コノマボロシノゴトクナル一期ナリ、——てれくさくて讀まれるものか。べつなのを讀みませう。
陰火 (旧字旧仮名) / 太宰治(著)
以来十春秋日夜転輾鞭影キミヲシ、九狂一拝精進御懸念一掃ノオ仕事シテラレルナラバ、オウ、ク、「アリガトウ」ト明朗粛然謝辞ノミ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「思はぬを思ふと言はゞ、真鳥栖む雲梯の神しるらむ」(万葉集巻十二、三一〇〇)とあるのなども一つで、神罰を附けて語の偽りなきを証するのは、やはり古意ではなかつた。
中尉は、を、六角の眼でじいッと睨みつけていた。支那人は、罪人のように、悄々とうなだれて立上った。そして、力なく肩をすぼめて、音響一ツ立てずに去ってしまった。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
トリツク怒濤シキ小波、スベテ、コレ、ワガ、シバラクモビテミタイ下心所為東京ノオリンピックテカラニタイ、読者ソウカトクウナズキ、キトガメダテ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
東宮坊の資材となつて残つたのが、第二の太子安殿皇子の教材となり、平城天皇となられても、深くみついてゐた「奈良魂」の出所は、此等の巻々などにありさうに思ふ。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「じもの」の語原については、「物」「物」など言ふ印象分解説はあるが、其では「もの」の説明を閑却してゐる。私は思ふ。「もの」はやはり、霊魂の義である。
みづからはにも書きつれ
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
老来ノ孝思誰カラン
門をめ、本堂のまでも下して、堂内に静坐し、十露盤を控へて、ぱち/\と数をめて行つたさうだ。
三郷巷談 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
茨田(まむだ)の堤(又は媛島)に、雁がを産んだ事件があつて、建内宿禰が謡うた(記・紀)と言ふ「汝がみ子や、らむと、雁は子産らし」を、本岐(ほぎ)歌の片哥として居る。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
家持の「今日ふる雪のいやけ。よごと」(万葉巻二十)は、此寿詞の効果によつて、永久に寿詞の奏を受けさせ給ふ程に、長寿あらせ給へと言ふのである。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
不憂一箪食 憂ひず一箪の
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)