武装せる市街ぶそうせるしがい
五六台の一輪車が追手に帆をあげた。 そして、貧民窟を横ぎった。塵埃の色をした苦力が一台に一人ずつそれを押していた。たった一本しかない一輪車の車軸は、巨大な麻袋の重みを一身に引き受けて苦るしげに咽びうめいた。貧民窟の向う側は、青い瓦の支那兵営 …
作品に特徴的な語句
わつ チュイ ファン 地方ティファン 大洋タヤン ホン 大洋タアヤン 卓子チオズ ぜわ 地方ティフォン 饅頭マントウ 蟋蟀こうろぎ しい かろう ふくろ とどま ウイ ワン こころ リュウ ゆで タン 音響ひゞき おい あしゆび くぎ 白白ぺいぺい うつゝ ダース つく 鼾声いびきごえ 麻袋マアタイ はし 丸子ワンズ うな 公司かいしゃ つの ずね 呻吟うめき 喇叭ラッパ 土地つち 済南チヒナン 拉致らつち らつ かみ つら さす 誰奴どやつ いぶ なまり 袴下こした うご 苦力クリー さいな 紛失なく 窩棚ウオバン 穿うが やゝ こいし あば まば なま 瑞典スエーデン 煙槍エンチャン うるお 洋車くるま 沃丁ヨウチン だて くしけず あが こさ 扈従こしょう おわ 大人たいじん はば 屍室しかばねしつ 出稼でかせぎ しお