“楯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たて91.6%
だて8.1%
タテ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多分、幾太郎が縛られたと聽いて、驚いて身代りの祕密を打明けたお桃の言葉を聽くと、矢ももたまらず、平次を呼んだのでせう。
「そんなうしろがあるのにこういうことになったとすると」津川はそう云いかけたが、そこでなにかを暗示するように笑った
自省ケレバ千万人エドモ、——イヤ、握手ハマダマダ、ソノノウラノ言葉ヲコソ、「自省カラザレバ、乞食ッテモ、赤面狼狽被告罪人酒屋ム。」
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)