“円楯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まるたて100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円楯”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
庭は軽く中高になっていて、中央に一つの築山つきやまがあり、その上に円錐形をなしてこずえのとがったりっぱなもみの木が一本あって、ちょうど円楯まるたて槍受やりうけの丸い中心からみぞが出てるように、そこから四つの大径が出ていた。