“被告”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひこく75.0%
ヒコク25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
原告だの被告だのといふんでたもくあつたれど、それを一切受附けなかつたは、山口昇といふ裁判官として、公明正大つたのでは
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
じて他人艱難しては、事務上職務上關係つてゐる人々へば裁判官警官醫師、とかとふものは、年月經過するとに、習慣つてには其相手被告
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
自省ケレバ千万人エドモ、——イヤ、握手ハマダマダ、ソノノウラノ言葉ヲコソ、「自省カラザレバ、乞食ッテモ、赤面狼狽被告罪人酒屋ム。」
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
出稼人根性ヤメヨ。カツイデ見事帰郷被告タル酷烈自意識ダマスナ。ワレコソ苦悩者刺青カクシタ聖僧。オ辞儀サセタイ校長サン。「編輯長チタイワレマイ努力
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)