“受附”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うけつけ60.0%
うけつ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはのまゝだつたが、一棟西洋館ち、帳場卓子いた受附つて、蔦屋樣子はかはつてました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
村長の藤田さんはお留守だったので、受附の娘さんに紙包を差し出し
斜陽 (新字新仮名) / 太宰治(著)
それから人間歿なる場合にも、一に受附けてくださるのが、矢張産土神様で、誕生のみがしてそのお受持ではないのでございます。
原告だの被告だのといふんでたもくあつたれど、それを一切受附けなかつたは、山口昇といふ裁判官として、公明正大つたのでは
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)