斜陽しゃよう
朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、 「あ」 と幽かな叫び声をお挙げになった。 「髪の毛?」 スウプに何か、イヤなものでも入っていたのかしら、と思った。 「いいえ」 お母さまは、何事も無かったように、またひらりと一さじ、スウプ …
作品に特徴的な語句
ヴィ 所謂しょせん おわり 如何いかに なお わた づか とう さび ことば など わい おり せい うしな しょう 豺狼おおかみ 明日みょうにち 結核テーベ つかわ 含羞はにかみ かえ 工合ぐあ すぐ わか ねつ ちち 熊野ゆや たず かん かた むすめ 日和びより ぼっ ため 箪笥だんす よめ 嘲笑ちょうしょう のが かな さき くび ぬぐ いえ おん ほろぼ 小柄こがら つかさ きん しる こん したが 甲斐がい 頓着とんちゃく 取計とりはから せき 肉体にくたい むちう 阿片アヘン くつ 町々まちまち ほと とも はは 頸飾くびかざ すべ なま 仰向あおむけ 蚊帳かや 素面しらふ 聯関れんかん 紺絣こんがすり もの 花籠はなかご 芭蕉ばしょう 若楓わかかえで 肌着はだぎ しま 腹這はらば