“紺絣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こんがすり98.1%
こんかすり1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銘仙の紺絣に、唐草模様の一重帯を締めて、この前とはまるで違った服装をしているので、一目見た代助には、新らしい感じがした。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
戸外は相かわらず紺絣を振るように、が風にあふれて降って、らに道ゆく人も寒そうに傘の下に躯を固くしながら歩いている。
流転 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
「そんな人はこちらにはおらん」と二十歳前後の紺絣の着物をきた筋骨たくましい青年がぞんざいに答えた。
私はかうして死んだ! (新字新仮名) / 平林初之輔(著)