“こんがすり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
紺絣53.7%
紺飛白45.3%
紺餅1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戸外は相かわらず紺絣を振るように、が風にあふれて降って、らに道ゆく人も寒そうに傘の下に躯を固くしながら歩いている。
流転 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
その当時の彼らは、努めて書生らしく粧うために、多くは紺飛白の衣類を着て、兵児帯をしめて、筒袖の羽織などをねていた。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
紺餅を着てを差して、ちょっといい男でしたわ」
落合町山川記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)