“筒袖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つつそで68.0%
つゝそで16.5%
つつッぽ5.8%
つつっぽ2.9%
つゝっぽ1.9%
こいぐち1.0%
こひぐち1.0%
つつっぽう1.0%
つゝツぽ1.0%
つゝッぽ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐藤はその頃筒袖に、の出る穿いてやって来た。余のごとく東京に生れたものの眼には、この姿がすこぶる異様に感ぜられた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
私は馬車の内で着て居る洋服の外套を脱いで、それで腰から下を温めて見たり、復た筒袖に手を通して肩の方を包んで見たりした。
突貫 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
挙動唐突なその上に、またちらりと見た、緋鹿子筒袖の細いへりが、無い方の腕の切口に、べとりと血がんだ時の目前に浮べて、ぎょっとした。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
打水をした庭の縁を二人三人の足音がして、白地の筒袖浴衣を着た菊五郎が書生流に歩いて来ると、そのあとに楚々とした夏姿の二人。
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
一年の間赤い筒袖を着て苦役をする事はより承知の上だが、何も二人で枕を並べて寝てえた訳じゃアなし、交際酒を一盃飲んで居ただけで、何も証拠の無え事を間男わりをやアがッて
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
黒繻子の襟のかかったの小袖に、ちっとすき切れのあるばかり、空色の絹のおなじ襟のかかった筒袖を、帯も見えないくらい引合せて、りと着ていました。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
黒繻子のかゝつた小袖に、とすきれのあるばかり、空色のおなじのかゝつた筒袖を、えないくらゐ引合せて、りとました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
と、煙草入を取り出した。茶色の、皮か紙か判然しないもので、股引に差し込んである上から筒袖さっていた。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「だが、君、今夜の最大奇観ともつべきは、篠田長二の出て来たことだ、幹事の野郎も随分人が悪いよ、餅月と夏本の両ハイカラの真中へ、筒袖を安置したなどは」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
角「なに多助がまいったと、如何いうでまいった、また筒袖を着てまいったか」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)