“黒繻子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くろじゅす84.0%
くろじゆす13.0%
くろしゅす2.0%
くろじゅず1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日の光は、相変わらず目の前の往来を、照りませて、その中にとびかうの羽を、さながら黒繻子か何かのように、光らせている。
偸盗 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
つたる大形裕衣かけ黒繻子やらのまがひぐけがえてはずとれしあたりのさまなり
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
窓のを引いて厚い黒繻子のカーテンを閉め、部屋を暗室にすると、幻燈内の電燈を点火し、靴箆を器械に挿入して、ピントを合せた。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
派手な結城紬一重物に、の落葉の刺繍を置いた黒繻子の帯をしめて、例によって艶々とした丸髷のつむりをふせ、ベッドの純白のシーツの上に、フーワリと腰をおろしていたが、洋風の調度と
陰獣 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)