悪魔の紋章あくまのもんしょう
法医学界の一権威宗像隆一郎博士が、丸の内のビルディングに宗像研究室を設け、犯罪事件の研究と探偵の事業を始めてからもう数年になる。 同研究室は、普通の民間探偵とは違い、其筋でも手古摺るほどの難事件でなければ、決して手を染めようとはしなかった。 …
作品に特徴的な語句
一寸ちょと 大平たいへい おわ ずま かい ふさ さい 退すさ はて ぶり 鋒鋩ほさき ぶた かぶり ぎょう うずく かたわ あら 捕繩ほじょう 三重さんじゅう しん がち とざ たま がたき 仇討かたきう うつ 何日いくか あつま ぱち あるい きわ 煤掃すすはき 如何いかが 鏖殺みなごろ あが だい いそ おびや くう のが ひるが ひゃく ざま どころ こら 素敏すばしっ ぜん がた 腹這はらんば けん 何人なんびと うしろ うずく はじ 嗄声しわがれごえ おら しゃが 把手ノッブ むらが わき うけたま 最早もは しゅ すす しん 歿ぼつ 引返ひきかえ 内儀ないぎ なま うなず ごう ひさし 白鞘しらざや かすか 口吻こうふん 縫包ぬいぐるみ いまし たが 呼笛ふえ しま 夜鳥やちょう たた そと 稀代きだい 寝棺ねがん 夜中やちゅう 穿うが 見給たま 嬰児えいじ たず