悪魔の紋章あくまのもんしょう
法医学界の一権威宗像隆一郎博士が、丸の内のビルディングに宗像研究室を設け、犯罪事件の研究と探偵の事業を始めてからもう数年になる。 同研究室は、普通の民間探偵とは違い、其筋でも手古摺るほどの難事件でなけ …
作品に特徴的な語句
紫檀したん 満更まんざ 矢庭やにわ 手古摺てこず 狐狸こり 金槌かなづち えくぼ 爛々らんらん 眼差まなざし もも 吾妻橋あづまばし やり 蛆虫うじむし 訊問じんもん 友禅ゆうぜん 睡気ねむけ 胡乱うろん 藍色あいいろ そら 黒檀こくたん 稀代きだい 呼鈴よびりん さん 絨毯じゅうたん 草双紙くさぞうし 咳払せきばら 仏頂面ぶっちょうづら 煎茶せんちゃ 跳梁ちょうりょう 猿臂えんぴ 読経どきょう 小皺こじわ ねぎら 愚図愚図ぐずぐず 一廉ひとかど 獣物けだもの 目論もくろ 見世物みせもの 甲斐甲斐かいがい 幾重いくえ 畏敬いけい 小用こよう 左程さほど きん 矛盾むじゅん 冥途めいど 鎌倉かまくら 惻々そくそく 看破みやぶ 瞑想めいそう 怨霊おんりょう 直様すぐさま 見廻みまわ 死人しびと 黙祷もくとう 口上こうじょう 或時あるとき 横浜よこはま 魂魄こんぱく 飄々ひょうひょう 劈頭へきとう 細引ほそびき 真青まっさお 遺恨いこん 一分いちぶ 駄々だだ 烙印らくいん 不断ふだん 突拍子とっぴょうし 茶箪笥ちゃだんす 塵芥ごみ 絶間たえま 後手うしろで かぎ すず 日々にちにち 横合よこあい 歩哨ほしょう にせ りん 巣窟そうくつ 筆蹟ひっせき 産毛うぶげ 礼拝らいはい 現場げんじょう 戒名かいみょう 鏖殺みなごろ 顎髯あごひげ 終焉しゅうえん 木彫きぼり 一伍一什いちぶしじゅう 奇矯ききょう 三間みま 手強てごわ 目出度めでた 狡智こうち あなぐら 夫々それぞれ 知合しりあい