“八”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
59.9%
やつ11.3%
はち7.3%
ぱち5.1%
やっ4.5%
ばち3.4%
3.4%
はつ1.1%
0.6%
はっ0.6%
はっつ0.6%
やあ0.6%
アクト0.6%
オイチョ0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んでも無用なる御台場相俟つて、いかにも過去つた時代の遺物らしく放棄された悲しいを示してゐる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
つけ走るとき鳴り響きて人をけさするやうにして有り四挺の車にの金輪リン/\カチヤ/\硝子屋が夕立に急ぐやうなり鹽灘の宿
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
そうして釣竿を右と左との字のように振込んで、舟首近く、甲板のさきの方にっているの右の方へ右の竿、左の方へ左の竿をもたせ
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「正直なところを申上げますと、すみませんが、パイ軍曹どののいうことは、すべてでありまして、ソノ……」
地底戦車の怪人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「ちょっとおたずねですがな、お昼すぎごろに、つぐらいの子どもらが十人ほど通ったのを、見ませなんだかいな」
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
ダンディ埠頭にはもうおそらく帰れぬだろうなあ。今度という今度は、いよいよかだ。われわれの北の方には鯨がいたのだ。
神女の人数を、処女・処女・の処女などゝ勘定してゐる。此は、多数を凡そ示す数詞が変化して行つた為である。其と共に実数の上に固定を来した場合もあつた。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
文字はやがてろしきもてくぞかし、一通もとふるへて卷收めぬ、二通じく三通四通五六通よりはかはりてえしが、十通十二通
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
女らしいぞと口の中で独語ながら、誰だ女嫌ひの親分の所へ今頃来るのは、さあ這入りな、とがらりと戸を引き退くれば、お世話、と軽い挨拶、提灯吹きして頭巾を脱ぎにかゝるは
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
東京にいても居酒屋や屋台店へ飛込んでさんさんとんで醤油樽に腰を掛けて酒盃献酬をしたりして、人間の美くしい天真はお化粧をして綾羅に包まれてる高等社会には決して現われないで
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
横山町の質屋の路地奥なんかにをかまえて、オホン! とばかり、熊さんあんや、道楽者の若旦那相手に説いたものですが、まったくそうかもしれません。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
つ! つ! つ! つ! つ! つ! つ! お!」とみんなが答えた。
鐘塔の悪魔 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
一の字をりつけられたのは、抗夫長屋ではやっていた、オイチョカブ賭博の、のうち、このを引けば負けと決っているの意味らしかった。
競馬 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
するとそこにはお婆さんと娘さんと二人しか居りませなんだがお前は女ばかりと侮ってそう押付けな事をいうか、ここにはテントがつもつもある。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)