“振込”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふりこ66.7%
ふれこ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“振込”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
六歩ろつぱうむやうな手付てつきをして振込ふりこんで来たのです、文章を書くとふよりは柔術やはらを取りさうな恰好かつかう
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そうして釣竿を右と左とはちの字のように振込ふりこんで、舟首みよし近く、甲板かっぱのさきの方にわたっているかんこの右の方へ右の竿、左の方へ左の竿をもたせ
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
譲吉は、最初高商の秀才と云う振込ふれこみで、近藤家の世話になる事になったのだが、譲吉は秀才でないばかりか、可なり怠惰者なまけものに近い方であった。
大島が出来る話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)